本文へ移動

豊後水道河津桜(四浦半島)

豊後水道河津桜

1.2月に入ると、四浦半島からは早くも桜の便りが届きます。

四浦地区には、現在河津桜が5000本以上あり、大分県内では最大の河津桜の名所となっています。
例年、2月の上旬に開花の便りが聞こえてきて、中旬ぐらいには見頃を迎えます。2月中は河津桜の花を楽しむことができることと思います。

四浦半島の住民の方々が中心となり、2005年1月より地域内の沿道などに植栽してきました。地区の方の粘り強い活動や、善意の苗木が贈られるなどにより、年々本数が増えてきています

 

天気のいい日は、海の青い色に、沿道に咲いた河津桜のピンクが良く映えて、よりいっそう美しさを増します。

一足早い春の訪れを四浦で感じてみませんか

第10回豊後水道河津桜まつりについて

河津桜開花情報について

今年度の開花情報の配信については、お花見等の来訪の自粛の要請に伴い、配信はいたしません。
ご了承ください。

「つくみの桜」ロゴが完成しました!

豊後水道河津桜、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、大漁桜、牡丹桜の開花を、一連のストーリーとして位置づけ、当市のブランドとして育成していくため、共通ロゴマークを製作いたしました。

市内の各主体が実施するイベント等でも一定の基準を持って利用していただくため、使用規定を作成しましたので、ご一読いただき、使用される方は申請書の提出をお願いいたします。

TOPへ戻る