本文へ移動

四浦半島の河津桜

第8回豊後水道河津桜まつり開催期間決定!

©Takeuchi Tomoyuki
【期間】
2020年2月8日(土)~3月8日(日)
【場所】
津久見市 四浦半島
 
※まつりの詳細につきましては、決まり次第
 アップしていきます!お楽しみに^^
 

四浦半島の河津桜見ごろとは、、、?

津久見市四浦半島の河津桜は、例年2月の上旬から開花し、中旬から下旬にかけて見頃を迎えていますが、その年の気温や場所によって開花の状況も異なります。
満開になる前の6~8分咲きが花にとても勢いがあり綺麗にみれますが、5~6分咲きでも十分見頃になっています。
 
津久見市観光協会では、お花見スポット(12か所)の半分以上が
下記の状態になったときに宣言を発表します。
 
桜開花宣言桜     一分咲以上   
桜見頃宣言桜     五~六分咲以上 
桜満開宣言桜     七分咲以上 
桜“なごり桜”宣言桜  満開~葉桜
 

出店(でみせ)の募集について

豊後水道河津桜まつりを一緒に盛り上げていただく「出店(でみせ)」を募集します。
募集会場は、下記の通りです。
・さくらSA(つくみイルカ島駐車場)
・四浦展望台
(※越智小学校は調整中)
なお、蔵谷特設お花見会場は、地元区等が出店しますので、募集は行いません。
 

出店要綱

第8回豊後水道河津桜まつりへの出店を希望する方は、出店要綱を熟読の上、期限までにお申し込みください。
 
申し込み締め切りは、令和2年1月24日(金)までです。電話連絡での申し込みはお受けしておりませんので、必ず書面にてFAX、または持参して下さい。
 
お問い合わせ先
津久見市観光協会 豊後水道河津桜まつり担当
電話 0972-82-9521
FAX 0972-82-7106
電子メール info@tsukumiryoku.com

「つくみの桜」ロゴが完成しました!

つくみの河津桜、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、大漁桜、牡丹桜の開花を、一連のストーリーとして位置づけ、当市のブランドとして育成していくため、共通ロゴマークを製作いたしました。

市内の各主体が実施するイベント等でも一定の基準を持って利用していただくため、使用規定を作成しましたので、ご一読いただき、使用される方は申請書の提出をお願いいたします。

河津桜バスツアーを企画される旅行会社様および団体様へ

 ご記入の上、提出をお願いいたします。

四浦半島の河津桜

2月に入ると、四浦半島からは早くも桜の便りが届きます

四浦地区には、現在河津桜が5000本以上あり、大分県内では最大の河津桜の名所となっています。

例年、2月の上旬に開花の便りが聞こえてきて、中旬ぐらいには見頃を迎えます。2月中は河津桜の花を楽しむことができることと思います。

四浦半島の住民の方々が中心となり、2005年1月より地域内の沿道などに植栽してきました。地区の方の粘り強い活動や、善意の苗木が贈られるなどにより、年々本数が増えてきています


天気のいい日は、海の青い色に、沿道に咲いた河津桜のピンクが良く映えて、よりいっそう美しさを増します。

一足早い春の訪れを四浦で感じてみませんか

7
3
1
9
5
8
TOPへ戻る