つくみに きよっちゃ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
津久見市観光協会
大分県南部。日南海岸国定公園に指定されたリアス式海岸、山々の斜面にはオレンジ色のみかん畑が美しいコントラストをなす自然ゆたかなところです。
津久見市観光協会
豊富な品種と高い品質を誇る津久見みかん、過酷な漁の合間に漁師が船上で食べた甘辛いごまだれベースにまぐろを和えた『ひゅうが丼』は津久見市を代表する郷土料理のひとつです。『保戸島』は狭い平地で急傾斜地にコンクリート作りの住宅がひしめき合う独特の景観で、異国情緒が漂い、その景観は水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」にも選ばれています。
 
歴史文化では、津久見市を代表する郷土芸能として、約450年の歴史を誇る『津久見扇子踊り』があります。津久見市は戦国大名の一人、大友宗麟公の終焉の地でもあり、市内には磯崎新氏設計のお墓が建てられております。毎年、8月下旬には「津久見扇子踊り大会」が開催され、踊り子約1,000人、40団体が参加し、扇子を持ち優雅に躍る舞い姿は素晴らしいものがあります。これらの食・景観・歴史文化の宝庫である津久見市へ皆様是非お越しください。

津久見市観光マップ

保戸島へ行こう

~オススメプラン~
津久見発      保戸島発    昼食:穂門島 大川(TEL:0972-87-2024)
① 9:20    13:20      まぐろコース料理 2,700円~(要予約)
②11:10    16:00   ※お土産は島の名物「かずまき」を!!!(数量限定)

観光名所のご紹介

【未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産 百選 保戸島】

【津久見名物 津久見ひゅうが丼】

【高浜】

【津久見 扇子踊り】

【うみたま体験パーク つくみイルカ島】

【四浦半島 河津桜】

【つくみん公園】

2
9
9
5
7
6